禁煙外来いってみた①【どこにいけばいい?薬は?費用は?期間は?】

禁煙外来行ってみた 健康

こんにちはkiyoです。

先日禁煙外来に行ってきました。

僕は喫煙歴22年で、現在は一日に5~10本程度吸います。
以前にも二度ほど禁煙に挑戦したのですが失敗。

それでもいい加減やめた方がいいなぁ思っていました。

そこでふと禁煙外来のことを思い出し、医者にかかればうまくいくかも?ブログのネタにもなるかも?と考え実行に移してみました。

はじめて禁煙外来に行ってみて知ったこと、わかったことを最初にまとめると、

・禁煙外来をやってる病院は意外に多い

・治療薬には注意が必要

・治療は思ってたより長丁場

・費用はそれなりにかかる

・禁煙外来の名医を探す必要はない?

という感じです。詳しく説明していきます。

禁煙外来をやってる病院は意外に多い

上の画像は「禁煙外来 ○○町(私が住んでる町の名前)」でググって出たgooglemapです。

ボカさせてもらいましたが、水滴マークを逆さにしたような赤いマークが、禁煙外来をやっている医院の場所です。

 
結構多くないですか?
12か所ほど出てきました。
 
僕は都内住みなので多い地域ではあるとは思いますがどこも大きな病院ではなく、規模の小さな内科、循環器科、外科などの開業医です。

「この病院、何度か行ったことあるけど禁煙外来もやってたんだ」という感じです。

なのである程度の都市部なら日本どこでも禁煙外来を探すことに苦労はかからないじゃないかと想像します。

もちろん病院すら車で何十分も走らないと行けないような地域は別ですが。

 
それに禁煙治療は初回を含め計5回通院しなければならないので、自分が住んでいる街に通院先があったほうがラクです。

なので禁煙外来の受診を考えている方はぜひ地元の医院に行かれることをおススメします。
 

で実際、禁煙外来行ってみた

ググった結果、よくいく処方箋薬局の真隣の神経内科が禁煙外来やってることがわかり、これなら通いやすいということで行ってみました。

まず受付を済ませると禁煙治療用の問診票を渡されます。

特に変わったものではありませんがこんなものです。
禁煙外来用問診票ページ下半分には10個の設問があり、あてはまると1点、あてはまらなければ0点で合計点を出すのですが、この点数が多いとどうなんだということは示されてません。

まあ間違いなく点数が多い方が重症ということでしょうが、気になる方は画像クリックで拡大できますんで採点してみてください。

問診票の記入を終え診察室へ。

医師からはまず問診票を確認しながら質問です。

医師「過去に禁煙をしようとしましたか?」
「どれくらい続きましたか?」
「禁煙外来は初めて?」
「ほかに持病はありますか?」

僕「過去二度禁煙しようとしたが3日持たなかった。」
「禁煙外来は初めて。」
「持病はほかに双極性障害があります。」

医師「双極性障害の場合お薬飲むとうつが出てしまう場合があるので
精神科の主治医に禁煙治療薬飲んでもいいかまず確認とってもらってください。」

まさかの展開。

でもまあ確認は後で電話でとることにして、とりあえずこちらの受診を一通りすませ
治療薬の処方箋も出してもらうことにしました。

ポイント

双極性障害やうつ病などの精神疾患のある人は禁煙治療ができない可能性がある。

続いてどういう治療を行うかの説明がされました。
メインは薬での治療です。チャンピックスという薬を飲んでいきます。

上の画像は病院でもらった禁煙手帳にあるチャンピックスの効果を説明したイラストです。

要はチャンピックスは、ニコチンの代わりに脳に入り込み「タバコ吸いて~な~」と思いにくくする薬です。

医師「この薬を3か月飲み続けてもらいます。」

3か月かー。なげーなー。。と正直思いました。

例えば熱がある、頭痛がするなど症状があれば、楽になるため薬を飲もうと自ずと思いますが特に何も苦痛のない状態で薬を飲み続けるのは結構難しいというか、つい飲み忘れてしまうんです。

精神疾患の方が症状が安定している時、つい薬を飲み忘れがちになるのと同じです。

なので禁煙治療薬の服用には目標達成に向けたしっかりとした意志と継続力が問われそうです。

ポイント
禁煙治療には3か月薬を飲み続けなければならない。

特に体はつらくないのに薬を飲み続けるのは意外と難しい。飲み忘れてしまう。

継続する意思が必要。

医師「そして費用は3か月とおして19000円ほどです。
決して安い金額ではないですが、3か月分のたばこ代とくらべれば
悪い金額ではないはずです。」
 
たしかにそうです。

僕の場合1箱450円のたばこを約二日で吸いきってしまうので3か月のたばこ代は、

1日¥225×30(日)×3(月)=¥20250です。

仮に1日1箱なら¥40500です。恐ろしいですね。

ポイント

治療費は全部で¥19000ほど。
決して安くないが、たばこを吸い続けた方が高くつ。

医師「あと、決まりがありまして、、」

といって先生が取り出したのはこんな機械。

医師「タバコを吸う人っていうのは肺に一酸化炭素が溜まりまして、
毎回それを測定するんですけど、これから最初の測定をします。
電子タバコはお吸いになりますか?」

僕「電子タバコは吸ってないです。」

医師「そうですか。電子タバコだとうまく測定できないんですけど、じゃあ大丈夫ですね。これを咥えてもらって、肺の空気を全部出しきってください。」
一酸化炭素測定器こんな感じで息を吐くと画面に測定結果が数字で出ます。
結果は「6」でした。

医師「そんな悪くないですね。6というのは大体一日6本ぐらい吸うということです。
一日5~10本とおっしゃってたのでそんなに最近はたくさんお吸いになってないようですね。」

吸った本数を毎日数えてはいませんが、自分の実感としてもそんな感じです。

そんなに悪くないと言われてなんだかよかったです。

そしてこの測定器はなかなか正確なようです。

残り4回の診察のたびに測るので吸ってるくせに吸ってないとか言ったらウソがばれてしまいますね。

医師「それでは精神科の先生にご確認いただいて、OKいただけたら
そこから治療をスタートさせてください。本来なら今日からスタートしますと誓約書を書いていただくんですけれども、kiyoさんの場合そういう事情なので大丈夫です。」

僕「もし精神科の先生にダメって言われたら。この治療はできないってことですよね?」

医師「ええ、まぁそういうことになります。」

若干の不安を抱えつつ、まあでもダメとは言われないだろうと思いながら診察を終えました。

禁煙治療薬チャンピックス

精神科に連絡した結果、案の定すぐにOKが出て早速薬を出してもらいました。
チャンピックスという薬です。
チャンピックス
ちゃんと飲みやすいようにパッケージされてます。

最初の1週間は弱めの薬のようです。

そして意外だったのは最初の1週間はまだタバコを吸ってもいいそうです。

準備期間みたいなものでしょうか。

本番は2週目から。

ここから薬も強くなって副作用も出やすくなるそうです。

僕のような双極性障害持ちにはうつが。
それに20人に1人ぐらいの割合で吐き気が出るそうです。

結構高い割合ですよね。

そしてここからタバコを吸ってはいけない。本格的な禁煙スタートです。

受診してみた感想 禁煙外来の名医とかは特に探す必要はない?

これは1回受診しただけの個人的感想ですが、病院を選ぶ際、特に禁煙外来として評判がいいところを探そうとしても無駄かなぁと思いました。

そういう名医がいないこともないんでしょうが、必ずしも自分が通いやすい場所にその病院があるとも限りませんし、治療としてやることはどこも同じなようです。

今回受診した医師も、治療のガイドに沿って説明し、決まりに従って測定するという感じでした。

なので、自分の街で禁煙外来やってるところを調べて、もし別の病気で過去に行ったことがある病院があって、そこの先生がとても感じがよかったのであれば、そこに行ってみる。

というのが一番いいと思います。

おわりに

現在、治療開始3日目です。

1週目の薬を朝一錠だけ飲んでます。

まだ禁煙はできてませんが3日とも5本以下に抑えられています。

これが自分の禁煙しようという意志からなのか薬の効果なのかはよくわかりません。

1週間終えて、強い薬を飲み始めてから、効き目が実感できるのか?

副作用はどうなのか?禁煙できるのかどうなのか?

について、またこちらでご報告させていただきたいと思います。

この記事が禁煙を考えている方の参考に少しでもなれば幸いです。

 

 

最後の最後にひとつ宣伝をさせてください。

ここ最近の投稿に毎回これをつけ足していて恐縮です。

わたくしkiyoは現在、新型コロナ基金へのささやかな寄付活動をしております。

私、本業はイラストレーターでして、今回、新型コロナにちなんだLINEスタンプを制作販売いたしました。

売上(分配金)は全額、新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金に寄付いたします。

売上データはLINEクリエイタースマーケット、マイページの売上ページをスクショして
私のツイッターhttps://twitter.com/hanagata301にて公開しています。

スタンプのタイトルは「おすもうさんのながいオフ」です。

画像クリックでリンクに飛びます。

LINEスタンプ おすもうさんのながいオフ 

巡業がすべて中止になってしまい、長い休業を余儀なくさせれたおすもうさんをモチーフにしてみましたw

120円寄付したついでになんか変わったスタンプがついてくる。そう考えていただけるといいと思います。

せっかくはじめた寄付活動、はじめたからには少しでも多くの金額を集めたいです。

面白がっていただけたら、ご協力いただけると幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント